So-net無料ブログ作成

ドアを開けるとそこは天国でした [日記]

毎日の激戦で疲れきった体を癒すために、はじめて猫喫茶に行ってみた。

前々から行ってみたいと思っており、何気なくネットで検索したら近場でやっていたので
とりあえず突撃する事に。

一人では不安なので友人に「へーい、猫喫茶でお茶しない~♪」と誘うも
「野郎二人で猫喫茶なんてイヤじゃ」と断られ、仕方なく一人で行く事に。

一応地図を印刷していったが、オイラの108の欠点の一つ「方向音痴」が発動し
駅から10分なのに30分以上迷って「どこが駅から10分だよ!」と悪態をつく。

数々の苦難を乗り越え店の前に到着したオイラは立ち止まる
お店は2階にあるのだが、野郎一人で入って浮かないだろうか・・・と(笑

ふと、高校時代に色気づいて初めて美容院に入ろうとしたが
恥ずかしくなって逃げて帰った淡い記憶が蘇る。

まあ、さすがにここまで来て帰るのもなあ・・・と店に入る

店のドアを開けるとそこには猫パラダイスが・・・って、猫いない
店員のお姉さんに「お一人ですか?」と聞かれたので「ここは猫喫茶ですか?」と聞くと
「そうですよ~」と

ふむ・・・たしかにレジカウンターの周りや棚には猫グッズなどがたくさん置かれているが
まさか店員が猫好きってだけなのか・・・!?とネットの情報を鵜呑みにして
ろくに調べもせず軽はずみな気持ちで行動した自分に苛立ちを覚える

とか、思う暇もなく奥の部屋に案内してもらったらそこには真の猫パラダイスが

思わず「ふおおおおおお・・・」と唸りそうになったがぐっと我慢する
つもりだったが、チラッと横の店員さんを見るとすごい笑いを堪える顔をしていたので
声が出ていたのだろう・・・まあ、いい・・・今は猫だ。

店員さんから注意事項などを聞き、まずは暑い中歩き回って熱を帯びた体と
猫との出会いで興奮した気持ちを静めるためにカウンターに座り冷えたオレンジジュースを飲む。

お店にはすでに何人かのお客さんが来ており、とりあえずどうすればいいのかを観察する

やはりお客さんは全員女性で、猫が歩くだけで「キャ~かわいい♪」と黄色い歓声を上げている

その姿を見て「ふ・・・俺は猫なんて興味ないぜ・・・」みたいな態度を取ったのだが
その理由は今になってもわからない(笑

10分ほどカウンターでジュースを飲みながらボーットしてる姿を不憫に思ったのか
店員さんが「よかったら猫を触ってあげてください」と言われ
ふと「いやあ、猫アレルギーなんでwww」とギャグをかまそうと喉元まで出かけたが
ウケルどころか絶対顰蹙(ひんしゅく)を買うのは、さすがにオイラでもわかったので飲み込む(笑

と、ダラダラと描き続けてやっとココで猫と対決するオイラ
とりあえず相手に警戒されないようにターゲットの猫と少し離れた場所に座って様子を見る

相手の猫は耳がたれた歴戦の戦士のような風貌のいかした奴だ
おそらくオイラが少しでも、おかしな態度を取るとすぐに逃げてしまうだろう。
あくまでお前には気づいていないよ・・・と見せかけながら距離を詰める・・・

だるまさんが転んだのようにじりじりと近づく・・・さすがに相手は気づいて臨戦態勢を取る
お互いの念能力がわからない内は先手を打つにはリスクが高すぎる

と、昨日読んだH×Hの妄想をしていた一瞬の隙をつかれ猫が飛び掛ってきて
思わず「うわ!」と悲鳴をあげてしまう
そのまま馬乗りになってオイラの喉元を執拗に噛み付こうと舌を伸ばしてくる猫を
体格差をいかして押さえ込み、「ギブアップをするか?」と問いかけるも
頑なに「ニャー」と拒否をするので、これ以上は危険と店員さんにレフリーストップを
求めるが店員さんは「あら、その子臆病であまり人に近づかないんですよ~^^」と
クスクス笑っている。

そうだった・・・ここは敵陣・・・アウェイなのだ・・・判定ではおそらく勝ち目はないだろうと
オイラは猫を床に寝させマウントポジションをとり、上から容赦なくコチョコチョとくすぐり攻撃をする
たまらず猫が身もだえするその凄惨な戦いの姿に、たまらず横に居たお客の女性が
「きゃ~」と悲鳴を上げる。

その声を聞いて一瞬くすぐりをやめてしまった隙をついて猫はぐるんと体をひねり
オイラの指に噛み付いてくる。
その身のこなしはさすがは野生動物・・・人間の反射神経では反応する事は出来ず
たやすくオイラの人差し指をもっていかれそうになり、その苦痛から思わず
「ウヒョー♪」と声を上げそうになるが我慢し、「効いてないぜ」とアピールをする。

その後、猫のお昼ご飯タイムになり休戦。
60分1本勝負でお店に入ったので、時間切れとなり再戦を誓ってオイラは店を出る。

終わり。

前回の日記は短くなったので、今回は無駄に長く書いてみました^^

まあ、簡単に書けば「猫喫茶に行ったら猫超可愛くて最高だった!」で終わるんだけどね(笑
また疲れたら遊びに行こう。

neko.jpg


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

脱稿! [日記]

原稿オワター!

この1週間、部屋に閉じこもってたので息抜きにサティに買い物に^^

清書.jpg

人の優しさが目に沁みるぜ・・・
こうやって気遣ってもらえるのってうれしいものですね^^

さて寝る!

おやすみなさーい。
nice!(4)  コメント(47) 
共通テーマ:コミック

暑くなったのでゾっとする話を少々・・・ [日記]

今回のお話は心霊現象かな?みたいな見間違えの話ではなく
虫関連のお話なので苦手な方はご注意を^^;



あれはオイラが小学生の頃・・・
親父に山に連れて行ってもらって、カブトムシとかを捕まえてた時のお話です。

オイラは捕まえたカブトムシとかを、近所のスーパーで買ってもらった
昆虫を飼う透明な箱?と言ったらいいのかな
水槽ほどしっかりしてないプラスチックのケースに、木のくずなどを敷き詰めて
木の枝とかが入れて飼っていたんですが
ある日、蓋を閉め忘れて昆虫が全部逃げてしまったのです。

それで興味のなくなったオイラは、その箱を家の裏庭に放置してたんですが
半年ぐらい経ってから親に「邪魔だから片付けなさい」と言われ
「めんどくさいなあ~」と思いながら、久しぶりにその箱を除いて見ると
木のくずの間に黒い塊が・・・
おバカだったオイラは「あ、そうか!冬眠してたのか!」と
おもむろにその黒い塊を掴むと感触がグニュと・・・

おかしい・・・カブトムシならもっと固いはず・・・と思いながら

持ち上げてみるとそれは G・・・ゴキブリさんでした><

「うぎゃああ!」とパニックになり、手を慌てて引っ込めた拍子に
虫かごを倒してしまったら、箱の中からザワザワザワと何匹もゴキブリが・・・

オイラは「あgにあんがぽだまぁーーー!」と声にならない声を叫び
そのままダッシュで逃げました・・・

あれからカブトムシとか触れない体になってしまったオイラがいます><
ああ・・・思い出したらまた鳥肌が・・・(笑




nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:コミック

あなたならどうする? [日記]

先日、母がサティに買い物に行きたいというので車で送りました。
母が買い物中は暇なので、オイラはサティの近くにある本屋にでも行って
時間を潰そうとサティの外に出ると、いきなり女の人が泣きながら
「5歳くらいの男の子見ませんでしたか!?」と・・・
ビックリしながらさすがにそれだけの情報ではわからないので
「見てないです・・・」とその場を去りました。

本屋で雑誌を立ち読みしたりして時間を潰して、そろそろサティに帰ろうとしたら
先ほど話しかけてきた女の人が、同じ場所にしゃがみ込んで泣いていて
その横にはおそらく3歳ぐらいの娘さんが不安そうにお母さんの手を握って
今にも泣き出しそうな顔をしていて・・・

正直、オイラは厄介事とかトラブルになりそうな事に関わりたくないので
普段なら無視してそのまま通り過ぎようかと思ったのですが
あまりにその姿が可哀想だったので「大丈夫ですか?」とお母さんに声をかけました。

話を聞くと1時間ぐらい前から5歳の息子をずっと探しているけど見つからない。
サティの店員さんにも探してもらっているのに見つからない
走って探しに行きたいけど娘がいるので行けない
さっき他の人から警察を呼んだら良いと言われて呼んで待っている所だと。

なるほど・・・それは大変だなと思い、「自分も暇なので探すのを手伝いますよ」と
お母さんと携帯電話の番号を赤外線で交換して、見つけたら連絡しますと
とりあえずサティの中へ。

まあ、探すと言っても大声出して呼びまわる勇気もないので、
とりあえずサティの一階をぐるりと探索・・・いない
次は2階をぐるりと探索・・・いな・・・ん?

ゲームコーナーに泣きながら歩いてる男の子が・・・
服装もお母さんに聞いた仮面ライダーなんとか?のシャツに茶色の半ズボンに
仮面ライダーなんとかの靴・・・「これは間違いないよなあ・・・」と思いながら
男の子に「どうしたの?」と話しかけると「お母さんがいない・・・」と

やっぱりこの子か!と思い、お母さんに名前を聞いていたので
「〇〇君だよね。お母さんが探していたから連れて行ってあげるよ」
と男の子と手を繋いでお母さんがいる所まで行こうとしたら目の前からお巡りさんが・・・

ああ、そういえば警察に連絡したとか言ってたな・・・と思っていたら
お巡りさんに「その子・・・君の子?」と聞かれ
「いいえ違います、外で迷子の子を探している人が居たので探すのを手伝ってたら見つかったので
 お母さんの所に連れて行くところです」と説明したら
「ふ~ん、それじゃあ身分証明出来る物ある?」と・・・

「ん・・・?」と思いながらも財布から免許証を出す間にお巡りさんは無線で
「子供見つかったからお母さん連れてきて」とおそらく仲間お巡りさんに連絡
しばらくしてお母さんが2階に来て息子さんと再会!抱き合って喜ぶ姿に思わず涙が・・・
という感動のシーンのはずなのにオイラはがっしり前後をお巡りさんに固められ変な気分に・・・

泣き叫ぶ母と子、前後をがっしりお巡りさんに確保されるオイラ・・・
傍から見たらどうみても犯罪者です・・・><

そして「詳しい話聞きたいからちょっと着いて来てくれるかな」と・・・
いやいやいや・・・なんでだよめんどくさい。見つかってよかったねで良いじゃねえかと思い
「母親をまたしているので、詳しい話はそのお母さんから聞いてくださいよ」と言うと
「いや、第一発見者の話も重要だし・・・それにね・・・」みたいな
オイラがいかにも連れ去ろうとしたみたいな感じに・・・

さすがにイラっときて「そんなに疑うなら監視カメラでもなんでも調べたらいいっしょ!」と
言ってるところに迷子のお母さんも説明に加わってくれて
携帯番号の交換した事とか、迷子の子がしっかりしててちゃんとオイラと出合った状況を
話してくれたのでとりあえずお咎めなし?に・・・

でも最後さらっとに「最近、物騒な事件が多いからねえ・・・」と言われて、さすがにカチンときて
「わかりました!もうこれからは目の前でどんだけ困って泣いてる人がいても無視する事にしますね」
と皮肉っぽく言ってしまいました^^;
お巡りさんも「まあまあ、そう言わずに・・・」と苦笑いしてましたが・・・
とりあえずもう人助けはしない・・・><


その晩、迷子のお母さんから連絡があって「ぜひお礼がしたい」と
わざわざ旦那さんと一緒にオイラの家まで訪ねてくれて、美味しい菓子折りとかを頂いたり・・・

うん・・・人助けってするべきだね(オイ 笑


web拍手返信^^

7月8日00:16 にコメントして頂いた方

そうなんですか、詳しい説明ありがとうございます^^
たしかに登録だけして放置状態なので、せっかくコメントしてもらったのに
気づかない状態で悪い事をしてしまいましたね><
とりあえずロックを掛けておきました。
ご親切にありがとうございます、助かりました^^


nice!(3)  コメント(11) 
共通テーマ:コミック

これが・・・恋? [日記]

とりあえず豊〇愛生さんのライブの感想を^^

事の始まりは先月に友人から
「けいおん!ライブには行けなかったけど、今度神戸で豊〇愛生さんのライブがあるから
 それに行かないか?」と誘いを受けたので
「それはぜひ行きたい!」とあっさり決定^^

けいおん!ライブの時とは違い今回は友人がチケットをちゃんと確保してくれたので
今回はバタバタせずに楽しめるぜ!と
ライブをゆっくり見るために仕事をさっさと終わらせようと思っていたら
ぶっ倒れたりして結局、ライブ前日まで修羅場だったり・・・(苦笑

それに考えたら、けいおん!!の唯役で歌ってるのは聴いた事あるけど
豊〇愛生という歌手として歌ってるのは聴いた事なかったので
近くのゲオにアルバムを借りに行くと置いてなかった・・・><
おのれー、白石稔さんのアルバムは置いてあるのに・・・どんな判断だ!(笑

そしてライブ前日、友人から「グッズの販売あるけど買う?」と聞かれたので
「う~ん・・・オイラそんなにグッズとか興味ないから覗いて欲しいのがあったら買おうかな」
と返事したら「あまーーーーい!」と><

なんでも神戸の前にやった京都公演では物販10時開始にたいして
午前4時から行列が出来ていたとか・・・
「お前さんはどうするの?」と友人に尋ねたら、さすがに午前4時は無理だが
7時くらいには並ぼうと思う「さあドゥンガ!お前も一緒に行こうぜ!」と誘われ
原稿を終えたばっかりでテンションが上がっていたオイラは一言

「イヤだ」

と、丁重にお断りしました(笑
・・・疲れたのでゆっくり寝させてください^^;

そんなこんなでライブ当日は友人と別々に三ノ宮に行く事に^^

オイラはのんびり9時過ぎに起きると友人から「暑い・・・死ぬ・・・もういやだ・・・」などと
お祭りを楽しむメールがいっぱい入っていて爆笑する^^

そして11時ぐらいに三ノ宮に到着して、グッズを買い終えた友人と合流。
真っ赤に日焼けして汗だくの友人を見てまた爆笑^^
友人「疲れたな・・・帰るか・・・」
いや、本番はこれからだから!(笑

昼飯をお気に入りの讃岐うどん屋でガッツリ食べて体力充電して
いざライブ会場へ!

初めて入った神戸国際会館・・・すげえ綺麗・・・ほんと良いホール
友人に「今度はクラシックなんかも見にきたいね~」とか言ったりして
会話しているといざライブ開始!

愛生さんの詩の朗読から始まる・・・
当然の事ながらその詩の朗読が上手くてお上手。
さすが声優さん^^

そして歌に入るんですが、オイラの中では唯のおっちょこちょいのイメージを
勝手に持っていたんですが、歌もすごい上手くてカワイイ!
ワンピースの裾を持ってちょっと恥ずかしそうに踊る姿がカワイイ!
ああ!もう!全部カワイイ!(オイ笑


歌もすごい素敵で帰りにアルバムを買っちゃっいましたよ^^
曲作ってる人がまたすごい豪華で驚いたり・・・名曲揃い♪
おまけに神戸限定Tシャツも買っちゃったり(いつ着ようか・・・笑

いや~、よかった・・・
歌の間のトークがまた可愛くて楽しいんだ・・・^^

またライブをやってくれたらぜひ行かねばー!
素敵なほっこりライブでしたよ^^



web拍手返信^^

えっと、リプライって何なんでしょうか?(オイ
ツイッターは鳳先生とのチャットの時に使う以外はまったく見てないので
使い方とかよくわかっていなくて^^;
タイムラインに表示されてないのならおそらく読んでないかも・・・
申し訳ないです><


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。